長いスパンで考える。

黒ずみ対策をするにあたって、まず箇条書きをしてみます。
どういった対策をするかを、コレをすることによって、具体的に自分で「見える化」してしまうのです。
・デリケートゾーンが見られるような位置にあるのかどうか。

・その黒ずみが自分が気になるのか、

・相手が気になるのかどうか

・色の黒さがどれぐらい黒いのかどうか

この黒さについては何か物を当てて比較するなどして、単純に自分の目線で黒いと感じると言っているわけではなく、客観的に見るようにします。

そしてそれらを条件として検索してみましたらよいのです。

すると使いたくなるような商品が出てくるわけです。
まだこれだけでは不十分で、

いいかどうかは他にも検討しなければいけないと思います。

やっぱり肌に直接対策していくわけですから、失敗するわけにいきませんので慎重にならなければいけません。

よく夏場だからといって、それまでの間に綺麗にしておこうなどと言って期限を決める場合がありますが、こういった場合はスパンを決めたほうがいいと思います。

ある程度長いスパンでしっかりと治していく。

それが1番大事かなと思います。

1シーズンは犠牲にするぐらいの方がいいかも。

女の子にとっては1年1年が大事と思いますが、

1年を棒に振ってでもやっぱり黒ずみを戻すという気持ちを持ってやる方がとても良い事ではないかなと思います。

長い期間でじっくりと黒ずみ対策を立ててやるほうが結果的にはうまくいくと考えます。

専門店をうまく使うこと。

このブログのテーマにもありますように,

VIO脱毛で大失敗したわけです。

そしてそのデリケートゾーンの黒ずみ対策をします!!と偉そうなこと言っていますが、素人がやることってたかが知れてると思いませんか。

自分で言うのもなんですが、というのも自分でやってみるとやっぱり失敗の方が多いんですよね

黒ずみ対策というよりも、むしろ黒ずみをどんどんと進めていっているような感じがするのです。

いろいろ対策をかいてきましたが、これはもちろん自分がやってきたこと成功してるものをあえてのせているのですが、その裏では失敗している数も多いわけです。

そこで今回はその失敗について書くというわけではなく、自分がなぜこのブログでいろいろなことをかけるのかということについて実は裏話を紹介しましょう。

かいてますように VIO脱毛で失敗したわけです。

ということはVIO脱毛でのところで、その対策をしっかりと聞く。

それもむこうの一つの罪滅ぼしではないかと思うからです。

そこでいろいろ聞いてみると、なるほどなと思う事も沢山あります。

そしてそれをうまく利用することそれが1番大切だなと思います。

なんといっても、失敗したところでしっかりと元に戻してもらう

これが1番大切なんですよね。

自分で何とかしようと思うのはやっぱり良くないと思いますよ。

ここが一番ポイントです。

素人が変に手を出してしまうと火傷ししまう。

VIO脱毛よりもこっちのほうがひどいかもしれませんので気をつけたいところです。これが1番の対策だと思いますよ。